×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シャネルトートを作ったシャネルを知ろう!

シャネルトートを作ったシャネルは強烈な個性を持ったブランドです。そのデザインセンスは他のブランドは決して真似のできない作品です。シャネルトートを作ったシャネルの創始者ココ・シャネルは、19世紀に生まれました。彼女は、「20年生まれてくるのが早すぎた」とよく話していたそうです。しかし、いつの時代に生まれてもココ・シャネルは不動の最先端の位置にいたに違いありません。シャネルトートを作ったシャネルというブランドは、今から10年ほど前から日本でも大流行しており、当時は全身をシャネルで着飾っていた人をシャネラーと呼ぶほどの人気がありました。しかし、異常なほどの大ブームの後、少し人気は去ってしまいましたが、やはりシャネルのブランドはいつの時代でも一流です。シャネルトートを作ったシャネルは、女性の気持ちをしっかり掴んいて離しません。コレクションごとに世の中の女性を楽しませてくれるブランドだからです。

シャネルトートを作ったシャネルデザイナー

シャネルトートを作ったシャネルを再興させた立役者がカール・ラガーフェルドである。そして彼の存在は、ファッション業界のトレンドセッター的です。カール・ラガーフェルドは、1938年にドイツのハンブルグに誕生しました。いっつも黒い大きなサングラスをかけているのが、彼の特徴です。デザイン画を描くことが大好きだったカール・ラガーフェルドは、両親を説得してたった14歳という年でパリに移住します。1954年の年、カール・ラガーフェルドが16歳の時に才能が認められ、IWSが主催のデザインコンクールのコート部門で優勝果たします。その1963年に独立し、プレタポルテの世界へ進出しました。1965年に彼は、フェンディのデザイナーになり、フェンディの名を世界的な毛皮ブランドとして有名にしました。そして1983年にシャネルのデザイナーに就きます。シャネルに就いてからは、プレタ・ポルテ、オート・クチュールでの部門を手がけてきました。今のシャネルが存在しているは、彼なしでは語れない歴史の深さがあります。

シャネルトートの人気を紹介!

シャネルトートバッグの超ホットで超可愛い最新コレクションが発売されました。発売と同時にすさまじい人気を集めたアニマル柄のシリーズの一番人気のシャネルトートバッグです。シャネルトートバッグに、描かれる様々な可愛い動物達には各種シャネルを象徴するバッグやネックレスなどを身に付けてシャネルフリークにはたまらない仕様になっています。スッと馴染む感覚は独特のものがあり、使用されている素材はベルベット調のパイル素材でカジュアル感にも溢れるスタイリングであります。カラーリングはいつでも使いやすいブラックです。所々に配されるビビッドなカラーリングもバッチリ映えていて、手にした時の満足感もかなりアップしそうです。シャネルトートのフロントには大きなファスナーが着いた挿し込みポケットがあり、出し入れの多い小物は分けて収納することができます。シャネルトートバッグの両側にはペットボトルも収納することができるオープンポケットが付いています。さらに、開口部はファスナーでしっかりと蓋が出来るため、防犯面もしっかりと考慮されているうれしい仕様になっています。

Copyright © 2008 シャネルトートの人気